スポンサーPR・個人
リンクについて
ランキング登録は相互リンクが条件になります。(スポンサーサイトを除く)
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ


商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ
メインメニュー
  ホーム >> RSSセンター >> 虐待する親は心の病人である

RSSセンター

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link 木村佳子のワンダフル ツモロー 「ワンツモ」 木村佳子のワンダフル ツモロー 「ワンツモ」 (2018/6/17 23:05:49)

feed 虐待する親は心の病人である (2018/1/14 11:44:00)
最近、ニュースで子供の虐待問題をよく見聞します。
虐待する親には

出来ちゃった、流れで産んでみたものの、結果責任を自覚しないため、
泣くのがうるさい、言うことを聞かないので腹立たしい、自分の生活リズム最優先なのに足手まとい、金がかかることが腹立たしい

など、親の自覚がまったくないまま、子供に当たりちらす虐待と

自分が「親=他者との共存」になることをかたくなに拒んでいることによる子供の人間性、多様性、成長否定からの虐待があるように思います。

このほか、子供の存在が自身のコンプレックスを刺激するケースの虐待もあるように思います。

ないまぜになっているケースもあるでしょう。

わたしが目撃した母子は容姿にめぐまれないやたら若作りの母親とかわいらしい少女のケースでした。母親は些細な因縁をつけては子供の顔を何度も殴っていました。女の子の顔は一日二日の叩かれ方ではこうはならないだろうという状態で腫れていたし、アザも複数ついていました。

その時、止めに入ると逆切れしていましたが、
「将来、あなたが弱ったときにおんなじことをこの子供からされるよ!」というとビクッとしていましたから、気の弱い人だと思います。弱いものに当たり散らすのはだいたい気の弱い、小心モノです。

顔が親子で違っていたから、本当の子供ではなく、継母なのかもしれません。
このとき、警察にすぐ通報するなり、もっと何かできたのではないかと後で後悔しました。取り逃したもんなあ。

男の子を虐待している母親も目撃しました。
この母親はいつも男の子を泣かしていました。
男の子は見かける度に母親に腕を引っ張り上げられて公道であろうと通路であろうと引きずられて泣いていました。
男の子は小学校3年生くらい。
エレベータで一緒になったときも泣いているので、「どうしたの?」と聞くと、本当に悲しそうな顔して声をあげて泣いていました。しかし、母親は無言で男の子の腕を無理やり引っ張り上げて、強制的に途中の階で力技で引きずり降ろしてしまいました。

この子はお父さんといるときは楽しいそうにしていて、お父さんが仕事でいない時間帯に母親といる時、常時、泣いているという印象でした。
そのおうちの前を通ると、男の子の本当に悲しそうな鳴き声をよく聞きました。近隣の人と「通報しようか」と相談し、心配していたところ、その一家はどこかに越していきました。

何もしてあげられなかったなあ、と無力さにため息が出てしまいます。

かっこいいスタイリッシュな「きれいなお姉さん系」のお金にも恵まれていそうなお母さんが大勢の人が闊歩する公道に泣き叫ぶ赤子を放置して、その様子を動画撮影している場面にも遭遇しました。

「何をしているんだよ」と思いました。
自分が将来、介護が必要になったときに息子に同じことをされたらどんだけ悲しいか、考えもしないのだよね。

友達や旦那に動画を送信して、「こんなに泣いちゃってる」とかコメントするんだろうか。子供に手間がかかっていることが腹立たしい? きれいなお気楽なお姉さんにまた戻りたいのか? 産んでおいてそれはないだろう、と感じるのですが。
自分の想定したものでない「赤ちゃん」を持てあますあまり、子供が泣き叫んでて母親を求めている状態を意地悪な顔で動画撮影してしまうこのおしゃれした女性の本質は何だろうなと思いました。

悪魔か?
あほなのか?
軽薄なのか?

自然の摂理は「赤ちゃん」「子供」をその者に与えて、成長を促す。

どうか、成長してくださいな。
悪魔から人間に。人の親に。




虐待は心の病です。
親を治療する必要があるケース、虐待する親から子供を保護する必要があるケース。

少子高齢化を国が憂うなら、せっかく生まれてきた子を宝として育てられる環境つくりが必要です。

インバウンドでモノが買われ、サービス提供が金を生むことだけ推進しても国は豊かになりません。

生まれてきてよかった、と子供たちが思えるような国として虐待親問題は保育園整備と並行してしっかり取り組むべき子育て社会の課題です。

なんで子供を殴ったりするんだろう
なんで子供の成長を阻害するのだろう

その親もまた、ろくでなしの系譜の中でそんな大人にたどり着いたのか。

1月22日から通常国会が開かれますが、
国民の幸せ実現のために、本当に必要なことを各党にはしっかり審議してもらいたいものです。










execution time : 0.103 sec
お知らせ
2017年1月以降に更新の無いサイトのリンクを削除いたしました。
先物ポータルサイト
サイト内検索
人気ランキング
登録ブログ数/RSS数
06/19現在
31ブログ/RSS
個人9 / スポンサー6 / Guest3 外務員10 / 法人3 /
新規登録ブログ
リリース情報
■サイト新規オープン
(2008-7-3)
WEB-COMMOとは
WEB-COMMOは、商品先物に関するブログを一同に集約し、トレーダーの方が様々なブログの情報をわかりやすく、見やすく検索できるサイトです。

Copyright(C)2008 WEB-COMMO Co.,Ltd. All Rights Reserved.